2014年4月6日日曜日

ぎゃらりー・浜つばき「石田一平作陶展」




以前ここで紹介しました「ぎゃらりー・浜つばき」さん

http://makinohama.blogspot.jp/2013/11/blog-post_24.html


浜つばきさんでは現在、土生田焼(はにゅうだやき)の作家

石田一平さんの「石田一平作陶展」が開催中です。





石田さんの作品がこちら↓




これは火山灰の入った粘土で焼き上げた花瓶の表面。
火山岩そのもののような質感
 
 

 
上の写真手前のお皿の表面をアップ。表面のちぢみ模様?が不思議。
 
鮮やかな色の秘密。釉薬の銅の量をほんの少し調節することにより、
ブルーになったり、ピンクになったりするらしい

マンガンを含んだ釉薬で焼き上げるとこんなに派手な金色になるそう

貝殻のようなマットな手触りの菓子皿
 
 
これはなんでしょう?

じつは花瓶。
写真では分かりづらいですがすごい複雑な造りで
しばらく見惚れてしまいました
 
 
 
 

ヤシの実、もしくは貝殻みたい。火山灰の粘土の花瓶



 



会場には石田さんご本人もいられました!



おしゃれで、かっこいい石田さん☆


そして、とにかく

話がおもしろい!

いつか工房に伺ってみたい!







普段展示会場で作品を購入することは
めったにないのですが


ブルーの色と、スクリュー模様に惚れてしまい、



このスクリューの造形をつくるのに手でキュッと仕上げるため、
不思議に持つひとの手にしっくりフィットする
 




衝動買い。


しかもうれしいサービス付(秘)





展示は4月14日(月)まで
開館日 土・日・月(火~金は閉館)


 

現在ギャラリーの軒先は梅が満開です。








 
是非訪れてみてください。