2015年1月12日月曜日

カラオケ







雪。






 こんな寒い日は

海水浴場へ出入りをする車も少ない。





雪化粧の角田浜






茶屋にはまだ、お正月飾り。





 








松飾も少し枯れてきた、

こんな日の角田のとある家庭にて。








岩のりのラーメンをいただいて
  
左)ナマグサゴウコ、中)岩のりの佃煮、右)大根の柚子巻き

鮭をつっつき




そして、カラオケ。








 

角田の集落には

過去に茶屋をやっていた家庭も多く

店を閉じてもカラオケの機械が今だにある家もある。

(ミラーボールのある家もあるらしい)



お母さんたち、裕ちゃんを熱唱していた♪






当時賑やかな頃の茶屋では

夜遅くまであちこちの茶屋からカラオケが聞こえていたと言うが

でも、今はそんなお店も、めっきりなくなったねと話していた。










そして、何故か

「夜の新潟 恋の街」という曲をひとり1回

必ず披露しなければならないということになり

歌い争い。。。




『あなた待つ身の 心が燃えて♪ ネオン裏街 忍び逢い♪』




寒空の夜の角田浜で

今日は、さぞかし繰り返し、繰り返し、繰り返し、

この曲が響き渡っていたであろう。







2015年1月1日木曜日

今年も!

 
 

2015年1月1日

新年おめでとうございます。





2015年も浜を通して、様々な出来事や

出会いがあると思うと今から楽しみ!




実は紅白を見ながらこの記事を書きはじめ、


その後、除夜の鐘つき、二年参りへ出かけるために

それを中断し、また巻神社から帰ってきて、

清々しい気持ちで続きを書いていたのですが

そのまま眠ってしまったようで。。



風呂も入らず、電気、テレビはつけっぱなしで。。

新年早々何ともだらしない。。
 






今年は・・・


もっとありのままの浜集落の日常の部分に触れてみたい!

そして、誰も残してこなかったような浜茶屋の営みの様子を

深く潜り込んで記録に残したい!















それもこれも、

去年は私にとって大きなキッカケの年であった。

出来事すべてが、ますます私を浜に夢中にさせ、

また、記録の大切さを改めて感じた一年であったから



新年早々ですが、少しだけ去年を振り返ってみます









まずは、春の越前浜祭り!

初めて行ったけれど


 









こんなに大きな花火が上がるとは・・

感動した。






 そして、





 




花火の後の茶屋の中では、






やっぱり。




 


防虫灯の黄色い明かりの中で、みんな固まって楽しそう。

茶屋での宴は深夜まで続き、最高だった。









そして浜メグリでは

今回初めて自分の今まで撮ってきた

浜茶屋の写真を展示してもらった。

嬉しかった~!







タイトルは「浜茶屋時間」
浜茶屋好きには是非見ていただきたかった笑








そして、10代の頃にやり残していたことも

やっと達成できた。

それは「浜茶屋のお仕事」。




朝は早いときは5時、6時から。。

ほんっと眠かったけど、ずっと昔から、角田や越前の浜茶屋で

働くことに憧れていたから、念願がやっと叶った。



小学校の頃放送していた月9の「ビーチボーイズ」というドラマを見て

いつか海で青春したいと思っていた笑 


かなり出遅れた青春・・

反町や広末、竹野内はどこにもいなかったけど!




番頭の助手席に揺られて、夕食の食材を畑まで採りに行った。


お昼を回ると窓に日除けを下げる

海水浴客の帰った夕方、夕食準備が始まる


夏の夕暮れの中の夕食。今日は満席、賑やかである

夕食出しと片付けの間に、すきを見つけて
必ず夕陽を見に来るお手伝い仲間のおかあさん
県外から毎年泊まりに来る常連さんの思い出の一幕



楽しい夏だった☆










他にも様々な出会いがあった。




監視員さんのお仕事


渡辺さん、お忙しいところありがとうございました笑

海鳥とこころ通じる瞬間

東日本大震災によって福島から巻へ引っ越してきた番場さん。
家族を養うため毎日汗水流して仕事する姿が印象的だった。

長年聞き慣れた場内アナウンスの声の主、斉藤さんともやっと知り合えた!










そして秋の夕暮れの巻漁港では・・・





夕陽が沈む巻漁港

漁船が帰ってきた


釣果は?


獲れたねー!!
 



漁の現場に立ち合わせていただいた。











今年は実際に漁船に乗って沖合いからの

浜の写真を撮ってみたい!








そして美味しいタコも食べた、食べた!







洗浄、釜茹でと様々な工程を見させていただき

美味しいタコをいっぱいご馳走になった!




お隣のばうわうさんもたこを買いに来た



 






そして、
 
 
 
 
 
 

 

 




去年もまた、二軒の茶屋が姿を消した。




















それは、やっぱり



 






寂しいことである。







刻一刻と変っていく浜の景色。










今あるこの地域の魅力を

私たち自治自身が気付いて、

守っていかなければ。









当たり前だけど、

当たり前じゃないこの景色を

2015年もいっぱい残していこう!






今年も、ブログを更新していきますので

時々見てやってください!

宜しくお願い致します☆